大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
通信教育部の概要

大学の沿革

  通信教育部の沿革 北海道情報大学の沿革
1989年   北海道情報大学創立
「経営情報学部:経営学科/情報学科」
1994年 本学通信教育部 経営情報学部「経営学科/情報学科」を開設。
全国で初めて、衛星通信(PINE-NET)による大学教育をスタート。
 
1996年   大学院「経営情報学研究科修士課程」を開設
1999年   中国・南京大学との提携をスタート
2001年 教職課程 高等学校教諭1種免許状(情報)設置。 情報メディア学部「情報メディア学科」を開設
2002年 大学間の情報交換・交流を目的とする文部科学省メディア教育開発センターの衛星通信システム「スペース・コラボレーション・システム(SCS)」に参加。北海道大学などとの交流授業を全国の教育センターにも配信。  
2003年 通信教育部 経営情報学部の学科名を「経営ネットワーク学科/システム情報学科」に変更。
10月より、インターネットメディア授業(eラーニング)を本格スタート。
経営情報学部の学科名を「経営ネットワーク学科/システム情報学科」に変更。
2004年   中国・南京大学との共同プロジェクト「IT・日本語編入学コース」スタート
札幌サテライト開設
2006年   経営情報学部に「医療情報学科」を新設し新たなIT分野に対応
2008年   経営情報学部の学科名を「先端経営学科」に変更
情報メディア学部に「メディアデザイン専攻」「メディアテクノロジー専攻」を新設
タイ・ラジャマンガラ工科大学タンヤブリ校(RMUTT)との提携をスタート
2009年 教職課程 高等学校教諭1種免許状(商業)の開設 アメリカ・レイクワシントンテクニカルカレッジ(LWTC)との提携をスタート
2011年 教職課程 高等学校教諭1種免許状(数学)の開設  
2015年 教職課程 中学校学校教諭1種免許状(数学)の開設  

ページトップへ戻る