大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
学科の紹介
  1. TOP
  2. 学科の紹介TOP
  3. 経営ネットワーク学科

経営ネットワーク学科
■入学方法/正科生A(1年次入学 2年次編入学 3年次編入学)
■学び方/インターネットメディア授業・印刷授業・スクーリング

経営学と情報学をミックスした
現代ビジネスに直結する経営情報学部

経営ネットワーク学科

本学通信教育部では、従来からの添削主体の学習のみならず、インターネットをはじめ、最先端のITをフルに活用することにより、ハイレベルな教育を実践しています。
「経営情報学」という新しい学問的視座のもとに、本学通信教育部では「経営」と「情報」の両分野にわたる複合的アプローチを展開。
また、個人の目的や目標に合わせて選べる履修モデルを取り入れ、基礎知識から専門知識までの幅広い「学び」に対応しています。さらに、教職課程の履修により、高等学校教諭1種免許状(情報)(商業)(数学)、中学校教諭1種免許状(数学※)が取得できます。
なお、所定の出願条件を満たしていれば2・3年次編入学、1~4年次再入学も可能です。

※中学校教諭1種免許状(数学)は、平成29年度4年次再入学生を除き取得可能です。

インターネットを活用した新しいビジネスの構築・創造を目指す
e-ビジネスを基礎から専門までカバーした経営ネットワーク学科

経営学+ネットワーク技術を利用した新しいビジネスを学ぶ

経営学+ネットワーク技術を利用した新しいビジネスを学ぶ

IT、すなわち情報技術のイノベーション(技術革新)は、まさに猛スピードで進展しています。特にインターネットをはじめとするネットワーク関連技術の進歩は著しく、企業活動においても見逃せない要素となっています。それは、ますます競争激化する産業界の中で、B to B(企業間)ならびにB to C(企業・消費者間)を含めて、インターネットを活用したe-ビジネスの実現が、企業競争力強化ならびに企業発展の命運を握る存在になっているからに他なりません。
「経営ネットワーク学科」は経営情報学における新しい学科として、このe-ビジネスに着目した学びを追究・発展していきます。インターネットを利用した新しいビジネスの構築、ネットワークの理解と創造、さらにネットワークによって可能になる海外進出のためのコミュニケーション能力養成など、新たな科目を追加することで、より現代にマッチした企業経営を学べます。

e-ビジネスの根幹を支える経営知識を徹底的に学ぶ

e-ビジネスを理解する上においては、当然ながら伝統的なビジネスを深く理解することが不可欠であり、そのためにはまず経営学系・経済学系・法学系の各分野を学ぶことが重要となります。
私たちの社会、産業界、産業システム、企業がどのように作り上げられ、どのように進化して、現在どのように動いているかを学ぶことにより、e-ビジネスの未来や今後の課題がより吸収しやすくなるからです。
また、授業スタイルは実践的であることを基本とし、知識と技術の戦略的活用法を身につけていくことができます。

必修科目がないので好きな科目を自由に選択して履修することができます

本学のカリキュラムには必修科目がないので、自由に科目を選択して履修することができます。例えば、英語や心理学などの教養教育科目を中心に学ぶといったことも可能です。

自分の目標や目的に合わせた3つの履修モデルが
あなたの将来の夢を実現させます

本学には必修科目というものはなく、自由に科目選択できます。ビジネスに重点を置いて経営系の専門科目のみを学びたい方、経営と情報をバランスよく学びたい方、それぞれ思い思いの学び方ができます。体系的に専門分野を学ぶことができるように3つの履修モデルを用意しています。もちろん履修モデルにとらわれずに好きな科目を組み合わせられます。たとえば英語や心理学など教養教育科目中心に学ぶといったことも可能です

現代の企業経営者に求められる複合的な経営判断能力を身につけるには

経営管理システムスペシャリスト

高度に成熟を続ける産業界にあって、企業は日々進化を迫られています。し烈な競争を勝ち抜くために、経営陣には複合的視野・発想力と、柔軟かつ瞬発的な判断力を求められます。この履修モデルは、そうした力の養成に主眼を置いています。急速な変化にも揺るがない知識とスキルを身につけられます。

経営知識を身につけアントレプレナーシップを学ぶとともに企業家を目指す方には

e-ビジネススペシャリスト

インターネットはマーケットを世界に広げてくれます。「時間」「空間」の制約から開放されたビジネスは既存の枠を超えた展開を可能にします。ユニークなアイデアで新型企業を成長させる若い力の台頭に見るように、経営に関する知識とアントレプレナーシップを備えた方には大きなチャンスが生まれます。

国際的に求められている経営知識を学びたい方には

グローバルビジネススペシャリスト

金融、流通、文化、すべてが国境を越えて行き交う現代、グローバルなセンスを身につけていなければ企業競争の最前線には立てません。この履修モデルではさらに国際化が進む近未来を予測し、コミュニケーション概論、ブランドマネジメント、経営戦略と組織、イノベーション概論などを学習します。

※履修モデルとは履修科目を選択する際の「指針」となるものです。あくまでも参考のために設けていますので「履修モデル」にとらわれず自由に科目を選択することができます。

ページトップへ戻る