大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
学科の紹介
  1. TOP
  2. 学科の紹介TOP
  3. システム情報学科

システム情報学科
■入学方法/正科生A(1年次入学 2年次編入学 3年次編入学)
■学び方/インターネットメディア授業・印刷授業・スクーリング

経営学と情報学をミックスした
現代ビジネスに直結する経営情報学部

システム情報学科

本学通信教育部では、従来からの添削主体の学習のみならず、インターネットをはじめ、最先端のITをフルに活用することにより、ハイレベルな教育を実践しています。
「経営情報学」という新しい学問的視座のもとに、本学通信教育部では「経営」と「情報」の両分野にわたる複合的アプローチを展開。
また、個人の目的や目標に合わせて選べる履修モデルを取り入れ、基礎知識から専門知識までの幅広い「学び」に対応しています。さらに、教職課程の履修により、高等学校教諭1種免許状(情報)(商業)(数学)、中学校教諭1種免許状(数学※)が取得できます。
なお、所定の出願条件を満たしていれば2・3年次編入学、1〜4年次再入学も可能です。

※中学校教諭1種免許状(数学)は、平成29年度4年次再入学生を除き取得可能です。

最先端の情報技術を駆使して企業の経営活動をフォロー
問題解決能力を有するSEを目指すシステム情報学科

企業の経営戦略を担う新しいタイプのSE(システムエンジニア)の養成

企業の経営戦略を担う新しいタイプのSE(システムエンジニア)の養成

高度情報化が急ピッチで進展していく中にあって、それを支えるSEの人材不足が深刻な課題となっています。それは、情報システムの高度化・多様化に伴い、本当の意味でニーズを満足させることができるSEが少ないからに他なりません。つまり、企業の望むシステムを理解し、人に優しいシステムを作り上げるSEです。
「システム情報学科」では、そのような高度かつ複雑な課題に対して真価を発揮する問題解決能力を有するSEの養成を目指しています。すなわち、企業の経営活動を理解した上で、情報技術を駆使する人材。経営ネットワーク学科を併設するメリットを生かして、積極的に企業経営にアプローチできる能力とともに、より現実的な知識と技術の修得を追求していきます。

時代が求める実践的なコンピュータ技術を身につける

システム情報学科では初めに、ビジネスの仕組みを理解するために経営系基礎科目と、情報分野のベースとなるコンピュータ、情報通信、ネットワークなどの基礎を学びます。その上で、システム設計やプログラミングなどシステム開発の骨格となる技術に進み、さらに音声工学や画像処理、コンピュータグラフィックスといった、マルチメディア関連領域まで応用技術を広げます。
また、経営に関する専門知識を備えたシステムの上級技術者となることを目的に、経営関連科目を幅広く取り入れながら、情報の分析・構築などの能力を身につけていくことに重点を置いています。

必修科目がないので好きな科目を自由に選択して履修することができます

本学のカリキュラムには必修科目がないので、自由に科目を選択して履修することができます。例えば、英語や心理学などの教養教育科目を中心に学ぶといったことも可能です。

自分の目標や目的に合わせた4つの履修モデルが
あなたの将来の夢を実現させます

本学には必修科目というものはなく、自由に科目選択できます。情報通信技術に特化した学びを希望する方、起業を意識して学びたい方、それぞれ思い思いの学び方ができます。体系的に専門分野を学ぶことができるように4つの履修モデルを用意しています。もちろん履修モデルにとらわれずに好きな科目を組み合わせられます。たとえば英語や心理学など教養教育科目中心に学ぶといったことも可能です

コンピュータ初心者を対象に情報の基礎から学びたい方には

情報技術基礎

これから初めてパソコンに向き合う方、趣味の領域からステップアップしたいとお考えの方に適した履修方法もあります。情報リテラシーの学習からスタートし、プログラムの仕組み、コンピュータの利用、プログラム設計、システム設計、データベースといった上級者レベルまで段階的に進んでいきます。

企業に対して最適なコンピュータ環境を提案・構築するためには

情報テクニカルスペシャリスト

システム設計・開発・運用はプロジェクトチームで行われており、その成否のカギを握るリーダーの存在は重要です。いかに企業ニーズをくみ取り快適なシステムを提供できるか、その根底には確かな理論把握が欠かせません。情報人材の育成に実績を誇る本学では、これに対応する履修モデルを提案しています。

企業情報システムに精通したSEやデータベースエキスパートになるには

情報システム開発スペシャリスト

大手企業では社内にシステム開発のプロジェクトチームを抱えているケースがあります。この履修モデルは、そうした場面において各部署のニーズをくみ取り、コンピュータシステムを設計するSEを育む、データベースを活用したエンジニアとして活躍できる人材を養成することを目指したものです。

医療、健康、情報の3分野を組み合わせ応用するには

健康情報

北海道情報大学では医療・健康・食品分野にも学習領域を広げており、これらに関連する科目を用意しています。情報は、実はこれらの分野と密接な関係にありながら、結び付けて分析・研究できる存在はいまだ多くありません。この履修モデルは、そうしたニーズに対応する新しい人材の育成を目指したものです。

※履修モデルとは履修科目を選択する際の「指針」となるものです。あくまでも参考のために設けていますので「履修モデル」にとらわれず自由に科目を選択することができます。

ページトップへ戻る