大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
学科の紹介

卒業生(終了生)メッセージ

※2015年3月現在

北海道

科目等履修生
(平成26年9月終了)

梅田 美樹子さん

新しいことに挑戦したいと、
前向きな大人に適したシステムだと思います。

高校教員として仕事を続けつつ新しいことに挑戦したい、何か学びたいという想いがあり、そうした中で今回選んだのが北海道情報大学の通信教育部でした。
生徒の進路指導をしてきた中で大学の存在は知っていましたし、入学した生徒の成長を見て、いい大学という印象を持っていましたが、決め手は、同僚の先生が科目等履修制度を利用して2つ目の教員免許を取得したと聞いたことで、それなら私もやってみようと。初めてで、少々不安もありましたので、所有している数学の教員免許の関係で履修科目が少なくて済む情報の教員免許取得を目標にしました。
スクーリングが必須ではない点もスタートの後押しになりました。自宅で、マイペースで取り組め、休日は自由に使えるというのが気持ちを楽にしてくれました。このやり方なら日々の仕事に負荷を掛けずにやっていけると、うれしくなったのを覚えています。

勉強の意義や面白さを再確認できました

勉強はとても楽しく進められました。知識が広がり深まっていく醍醐味を実感できたのに加え、科目試験というハードルを乗り越えるよろこびを久々に思い出すなど、単位修得までの1年間は充実の日々になりました。また、教師である私自身が勉強に取り組むことで生徒に学ぶ意義や面白さを、いっそう説得力を持って伝えられるようになったと思います。最近は情報系の大学や専門学校進学を志望する生徒が多くなっているので、相談やアドバイスにも生かせるかなと、そうしたことも考えています。毎日の生活にメリハリもつきましたし、社会人になって学ぶメリットは多くあったと感じています。
インターネットを利用した通信教育部のスタイルは取り組みやすく、無理なく学べるので、何か始めたいとかキャリアアップのために力を付けたいなど仕事との両立を目指す社会人にお勧めです。実は、私もすでに次を視野に入れているんですよ。
教員免許取得に限らず、他に興味ある科目がたくさんありますから積極的に視野を広げていきたいです。

ページトップへ戻る