大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
学科の紹介

卒業生メッセージ

※2012年3月現在

神奈川県

システム情報学科
(1年次入学:平成24年3月卒業)

霜越 恵子さん

思い切って挑戦した大学を機に人生が一変!

在学中に希望する外資系企業に転職でき、私生活では結婚や出産を経験するなど、いくつもの変化を経て、2012年春無事大学を卒業できました。私にとって大学は、入学前には思ってもいなかった未来を切り拓いてくれた場所でした。長年憧れ、迷い悩んだ末に入学した大学でしたから、やり始めるとCCNAやMCP資格も取得しようと次々に目標が見えてきて、海外で働く夢も新たに生まれました。今は育児優先ですが、経営情報学の学士や資格のおかげで、出産後も難なく好条件で外資系IT企業に再就職できています。経営系の科目を学んだことで、起業も決して遠い世界の話ではないと、別の角度から未来を考えることもできています。

心の支えとなった、働きながら学ぶ、
尊敬できる仲間たち

スクーリングが必須ではないことやインターネットメディア授業が充実しているなど、北海道情報大学だったからこそ卒業できたとも言えます。そして掲示版やスクーリング、SNSで出会った本学の友人も、大きな支えとなりました。働きながら学ぶ、彼らみんなが私の尊敬できる人々であり、その声に励まされ勉強が続けられたのです。



つまずいた時は、自分で調べる、友人に聞く、
掲示板に書き込む!この3点で私は乗り越えました。

通信教育の場合は、自発的に学習できるか誰もが不安に感じると思います。私も最初は勉強の仕方がわからず、1年目の修得単位はわずか2単位でした。でも少しずつ慣れ、興味を持って科目に取り組めるようになると、俄然やる気が湧いてきます。簿記を習ったら、家計簿に応用してみよう、簿記3級に挑戦してみようなど、ちょっと視点を変えるだけで気持ちが前向きになります。やろうかなと思ったなら、いますぐ実行するべきです。今やらないと、一生やらないかも。やるとやらないでは、生涯収入にもきっと差が出ると思いますよ。

ページトップへ戻る