大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
学科の紹介

卒業生メッセージ

※2017年10月現在

愛知県

科目等履修生

野瀨 知子さん

大人になってからの学びには違う楽しさがあります

入学を考え始めた当時、高校で情報科の教員をしていたのですが、実は「社会と情報」の科目を教える際に、私自身がもっとこれについて学びたいと考えていました。
そこで、せっかくなら商業科の教員免許を取得するという形のほうがやる気が出るであろうし、自分の幅を広げることにもつながるかなと思うようになりました。
そうした折、教員向けの研修先でたまたま本学通信教育部のチラシを見た、というのが正直なところです。すぐにチャレンジを決意しました。不安よりも、やってみようと。
結果的にスムーズに履修が進み、昨年の3月に必要単位を得て、翌年冬に教員免許を取得できました。

教授からのメッセージが励みになりました

私は比較的時間に余裕がある土日や祝日に集中して勉強に取り組みました。仕事で疲れている平日に無理せずに済むのが通信教育の魅力ですよね。
本学通信教育部は、試験会場が全国にあるのも魅力的でした。基本的には名古屋会場で受験していましたが、出張先の会場で受験したこともあります。試験日が土日なのも助かりました。また、後日返却されるレポートには教授からのメッセージが書かれており、しっかり見てくれているのだと励みになりました。
授業では特に経営の手法やお金の流れについて学んだのが印象深いです。生産や流通にはたくさんの人や資源が関わっていることを知りました。英語が必修で、久しぶりに中学生の内容から復習したのも楽しかったです。意外と忘れてしまうものだと感じる一方で、学生時代の記憶がよみがえって面白かったです。
今は教員の仕事から遠ざかりましたが、学んだことにはどれも意味があり、無駄なことはなかったと感じています。久々の勉強は良い経験になりましたし、1人の社会人として、これからも学ぶ姿勢を持ち続けたいです。

ページトップへ戻る