大学卒業資格や教員免許も取得できる北海道情報大学の通信教育
学科の紹介

卒業生メッセージ

※2013年3月現在

熊本県

経営ネットワーク学科
(1年次入学:平成25年3月卒業)

原田 結花里さん

スクーリングなしでも卒業できる。家族の負担を軽減できる学習環境!

高校卒業から約20年後の今春、学士に加え、情報と商業の教員免許を取得し、4年間の大学生活を無事終えることができました。
工業高校の情報技術科を卒業後、資格を取りパソコン教室の講師を勤め、独立してパソコン教室を運営してきました。 学校の先生が夢だった私は、教えることには向いていたようです。ただキャリアを積むほどに、大学で学びたい、社会的にも大卒資格や教員免許はあった方がいいと考えるようになりました。
資料を取り寄せ何度も悩んだ末、入学できたのは、娘が中3になった年。上手くいけば私の大学卒業と娘の高校卒業&大学入学が同時になるため、これをいい目標として勉強に励むことができました。
本学は情報と経営が学べ、印刷授業を中心にスクーリングで家を空ける必要もなく、しかも交通の便がいい鹿児島で科目試験が受けられるなど、私にとって好条件が揃った大学でした。


科目試験の際、手書きノートの持ち込みが許された科目は、教科書をまとめ、ひたすらノートに書き写しました。


2教科の教員免許を取得し、4年で卒業しました。

教職課程必修科目を優先的に履修し、まず卒業単位をクリアすることに集中。

学士と2つの教員免許取得に最低でも157単位が必要というハードルは、結構きついものでした。そこでまず年4回、2日で最大10教科が受けられる科目試験から逆算し、教職課程必修科目を中心に、できそうなものから可能な限り科目を履修。4年目は教職課程に集中できるよう全体のスケジュールを組み立てました。
履修漏れがないよう、独自に科目の一覧表をエクセルで作り、修得単位を管理していたのも振り返ってみると良かったと思います。
家庭や家計を考え、スクーリングやインターネットは極力受けませんでした。でも「体育」と「教職総合演習」のスクーリングで出会った在学生は、気軽に質問や相談できる貴重な仲間になりました。
4年間で卒業する秘訣は、家族の協力に加え、やはりやる気を維持することが一番です。もちろん私も何度も挫折しそうになりました。その度に大学卒業は私の長年の夢と思い返し、ここまで頑張ったのだからもう半年、あと半年と、やり続けました。
学費の倹約のため卒業を先延ばしにしないという強い意志もありました。おかげで2~3年次には奨学生に選ばれ、授業料半額免除という嬉しいご褒美もいただけました。

新たな事業展開も視野に未来の夢が大きく膨らんでいます。

大学を卒業し、さっそく商業の教員免許を活かし、パソコン教室には簿記検定の対策講座を新たに加えました。
非常勤講師の仕事も増やしたいと、私立高校や専門学校には履歴書を送っています。条件が揃えば近い将来、小中学生向けの学習塾も展開したいと考えています。
家事を手抜きするなど、娘にも迷惑をかけた4年間でしたが、母が努力する姿を見せることができたことは彼女にとっても良いことだったと思います。
そして幾つになっても遅くないってことは、声を大にしてみんなに伝えたいです。
高校卒業後「大学に行きたい」「デモネ」を繰り返してきた私です。大卒があったからといって仕事に即役立つものではないという人もいますが、私にとってこの達成感や満足感はこの上ないもの。緊張が解け、今はほっとし、少し気が抜けているところなんですけどね。

ページトップへ戻る